River by Herbie Hancock Feat Corinne Bailey Rae

大御所ジャズピアニスト、ハービー・ハンコックがジョニ・ミッチェルに捧げた2007年のアルバム『River – The Joni Letters』からの一曲。

イギリス人シンガーソングライター、コリーヌ・ベイリー・レイをゲストに迎えています。

もともとは、ジョニ・ミッチェルが1971年に発表した不朽の名盤と言われる『Blue』に収録されているクリスマスソング。

原曲ももちろん素晴らしいのですが、ハービー・ハンコックの歌うようなピアノと清らかなコリーヌの声で、とても洗練された印象に。

I wish I had a river
I could skate away on

ここに凍った川があったらいいのにスケートで滑っていけるからこの曲で歌われている「river」は、いわゆる”川”ではなく、別れた恋人と自分をつなぐものの例えなのですね・・・。

切ないな・・・。

あなたにおすすめの音楽

キュレーター

生まれも育ちも多摩川のそば。 大好きな音楽を聴きながら、 ミズベとその上に広がる大きな空や夕陽を見ながら走るのが、何よりのリフレッシュ&チャージ。

この記事をシェアする