アンデスの精霊の聲 秘境ミズベリングミュージック BY NICOLA CRUZ

ミズベリングミュージック谷崎テトラです。

辺境から面白い音楽がやってくる。
欧米のヒットチャートやエンタメではなく、極端な進化を遂げた土着のロコミュージックが面白い。
アイスランドや北欧の先端音楽や中近東のDJ、あるいはアジアの音響系の逸脱した感じが好きだ。
そんな中でも南米エクアドルのニコラ・クルースは出色。
ボイラールームに登場です。
アヤワスカーなDMTミュージックをもう50分たっぷり聴いちゃってください。
電気変換されたパーカッションやフルートの音色、フォルクローレ音楽が混血した、先住民ダウンビート&ミニマル。
これぞエクアドルのアマゾン川最上流部からの秘境ミズベリングミュージック。
モダン・エレクトリックを融合進化させた「アンデスステップ」と呼ばれるスタイルを確立しました。
先月の来日公演で吹き飛ばされた方も多いのでは。

リリースは2015年にデジタル・クンビアのレーベルとして日本でも紹介されたZZK Recordsよりアルバム、”Prender el Alma”でデヴュー。
バルセロナのソナー・フェスティバルやBoiler Room にも出演。カナダの辺境楽園レーベル「Multi Culti」よりEPを数タイトルリリースしている。

エクアドルは今でも先住民の占める割合が高く、古くより続く民間信仰の影響も深い。
白人電子音楽文化に占領されたと思いきや、混血が進み、これは異形化したインカ帝国の逆襲なのか。
「地球の歩き方」に載ってないところを目指して旅をすると、とんでもなく面白い風景に出会うことがある。
危険だけど魅力的。だから旅はやめられない。

アプー!パチャママ(母なる大地の女神を讃えよ!)

あなたにおすすめの音楽

キュレーター

1964年生まれ。放送作家、音楽プロデユーサー、ワールドシフトネットワークジャパン代表理事。環境・平和・社会貢献・フェアトレードなどをテーマにしたTV、ラジオ番組、出版を企画・構成。また世界の聖地を訪れ、現地録音した様々なサウンドスケープをもとにシャーマニカ、アンビエント・チルアウト系のトラックメイク、DJをおこなう。S.T.K、VOID OV VOID、PREM、PBCなど複数のユニットでライブもおこなう。彼方音像主催。

この記事をシェアする