Seaside by Haux

幻想的なサウンドスケープ。ミズベで哲学、Haux(ハウ)

ミズベリングミュージック、谷崎テトラです。
秋のミズベは静かに一人で哲学したい気分。
そんな時にオススメはHaux(ハウ)。
詩的でダウンテンポ、静謐で幻想的なサウンドスケープで包んでくれます。

Hauxこと、ウッドソン・ブラックは写真家で映像作家。
ニューイングランドのバークシャーの丘陵地帯で生まれて、美しい自然の中で、極めて内省的で静謐な映像作品を作ってきました。
ニューイングランドの田園風景や壮大な海岸線の神聖さから生まれた作品。
そして洞窟の深い闇。その作品の多くは森の中の水辺がモチーフとなっており、それは自然の風景を切り取ると同時に人の心の内側を表現した作品となっています。

2015年の初めに、 Haux名義で音楽作品を発表を始め、EP「 The Bluest Sage 」EP「All We’ve Known 」、 ロンドンのThe Best Fit、ニューヨークのGlassnote Records などからリリースしています。その後、バークシャーに戻って音楽活動に集中します。

2017年、シングル「Cologne」「Touch」をリリース。また過去作品のリミックスなども発表。
LAのトラックメーカー EXESやChris Dharkによる 「Seaside」REMIXがリリースされました。
iTuneなどでも聴くことができます。
Hauxの作品はそれぞれ35mmフィルムの深みを生かし、デジタルフォーマッ トに変換してビデオクリップとしています。
いくつか作品をリンクしておきます。どのクリップにも水辺が印象的に使われています。

Haux – Caves (Official Music Video)

HAUX – HOMEGROWN (VNTRD REMIX) – OFFICIAL MUSIC VIDEO

Haux – Caves (Samuraii Remix) [B0ss Music – Lyrics]

Haux – Touch /// Berlin Sessions #137

あなたにおすすめの音楽

キュレーター

1964年生まれ。放送作家、音楽プロデユーサー、ワールドシフトネットワークジャパン代表理事。環境・平和・社会貢献・フェアトレードなどをテーマにしたTV、ラジオ番組、出版を企画・構成。また世界の聖地を訪れ、現地録音した様々なサウンドスケープをもとにシャーマニカ、アンビエント・チルアウト系のトラックメイク、DJをおこなう。S.T.K、VOID OV VOID、PREM、PBCなど複数のユニットでライブもおこなう。彼方音像主催。

この記事をシェアする