Markos and Markos by Tigran Hamasyan

ミズベリングミュージック、柴田です。

四季のある美しさを最も強く感じる色彩豊かな季節ですね。身の回りの変化がどれだけ早く大きく進んでも必ず同じリズムで季節が変わった事を優しく知らせてくれる自然の懐の深さと安心感たるや、最近は特にそういった自然の変化に心癒されています。

アルメニア生まれのティグラン・ハマシアンは現在30歳、彼がいままでに発表した楽曲を聴くだけでもそれまでに一体どれほどの音楽を体に染み込ませてきたのかと想像させます。人には必ず見聞きしてきた過去があり、例えば音楽でもそういうことで、その演奏家を作り上げているのはその人がそれまでに出会い触れてきた音楽 や演奏が幾重にも重なり繋がってるもの。ティグラン・ハマシアンの音楽はそれを想像させるに十分な豊富なリズムとメロディーに溢れていて、何度聴いてもそのイメージが深く潜り込んで届きそうで届かない不思議な感覚になってしまいます。音楽や演奏、音にはイメージさせる力が強くて、それは聴かせる人も聴く人にも平等にあるもの、その力のない音楽は存在に難しいでしょう。物語を謳うように始まるこの曲を再生して、頭の中で何度も巡らせているうちになんとも水辺にぴったりの音楽だと思ったのがミュージックビデオを後追いして更に強まりました(ストーリーは全然違うけど)。

喧騒を後にして水辺に出掛け、
波の音とこの曲だけに目を閉じて想いに耽るのも素敵な時間だと思います。

あなたにおすすめの音楽

キュレーター

秋葉原のとあるところで音楽を最高に楽しめるオーディオをご紹介する毎日。素敵な音楽もたくさん紹介したいと思います!!

この記事をシェアする